派遣社員でも借りられるのか

カードローンの契約は、正社員だけでなく、派遣社員や契約社員も行っています。収入が安定しない派遣社員だからこそ、病気などで給与が下がった時などにカードローンは重宝します。

 

現在は正社員以外の雇用形態も一般的にとなっています。派遣社員や契約社員だけでなく、フリーターやアルバイト、パートの主婦でもカードローンを利用している位です。特に柔軟に対応してくれるのは消費者金融で、収入の少ないパートであっても審査の受付をしています。

 

ただし、借入れできる金額は、正社員などと比べると少なめになります。審査では収入が多いかどうかより、収入に見合った借入額かどうかの方を重要視します。収入が少なくても、借入金額が妥当であれば、カードローンの契約は可能です。

 

他にも、雇用されていない自営業者でカードローンを利用している人もいます。個人的な使い道であれば、自営業者でもカードローンの契約は可能です。ただし、社員と比べると自営業者の方が、収入は安定していないと判断されます。収入が多いから審査も有利とは限らないのです。

 

特殊な勤め先として、水商売やホストなどの場合、消費者金融でも審査は厳しくなります。こちらも収入は多いですが、安定していないとみなされるためです。

 

収入の大小よりも安定しているかが重要となるので、大手消費者金融のプロミスの審査でもアルバイトやパートなど、派遣意外でも安定した収入があれば通過の可能性があります。